アトピーに戻らない暮らし

食事を改善して長年のアトピーが良くなり、今は「アトピーに戻らないような暮らし」を心がけています。

私のアトピーとの向き合い方……アトピーを気にしない能力

私のアトピーとの向き合いかた

 私は、アトピーがひどい時、かなり後ろ向きでした。

「もう一生治らない!」「みんな普通に暮らしているのに、なんで私だけこんな目に!」

とイジイジウジウジしています。

私が一番アトピーが悪化した時は、ちょうど仕事を辞めた直後でした。

ヘコむことに専念できる環境で、それこそイジイジし放題でした。

「ずっと膝抱えて部屋の隅っこに座ってる」みたいな感じです。

買い物も行きたくなくなって、夫が買って来てくれていました。

 

mumukolife.com

 

とにかく、ひどいアトピーと真っ向から向き合って、アトピーの事ばかり考えていました。

「アトピーなんてなかったら、もっと色々できるのに!」と。

 

では、アトピーが良くなった今では、何か変わったのか?と考えますが、

全くそんなことはありません。

もっと色々できるのに!と思っていましたが、

ものすごく活動的になった、とかもありませんし、基本はあまり変わりません。

 

おそらく、今またアトピーが悪化したら、思考回路は完全に元に戻ると思います。

「こんなに合わないものを避けてるのに!なんで!ひどすぎる!!」

とまたイジイジして部屋の隅っこに逆戻りすることでしょう。

 

私は、アトピーが良くなったのに、いまだにアトピーに怯えて暮らしています。

それは自分が「完治した」とは全く思えないからです。

「子供のころからずっとアトピーだった」ということは、そういう体質なのだと思っています。

きっと油断すればまた、アトピーは出てくるでしょうし、

そうなればまたアトピーが出ている自分が嫌で、気分も落ち込みます。

そうならないためにも、私にとっては「アトピーが全く出ていない状態を保つ」ということが最善です。

なので、日ごろ、体に良い食事を作ることや、自分に合う健康食品を探すこと、本を読んで勉強することは苦になりません。

 

アトピーを気にしない

 

そんな私とは対照的なのが、夫です。

うちは夫もアトピーです。

彼は私と同じ食事を食べているので、今ではアトピーもかなり安定していますが、

以前は顔に出たり首に出たりすることもありましたし、

今でも、足や体に出ることもあります。

でもそんなときも彼は昔から、たんたんとしていて、

「じゃあ、ステロイド塗ろうかなー。」とやり過ごしています。

そしてしっかりと仕事に出かけていきます。

そんなに気にする素振りも見せません。

例えば彼は昼は好きなものを食べていますし、お酒も大好き。仕事のストレスだってあるでしょう。

じゃあ、もしかしたらそれを止めたらアトピーはもっと良くなるかもしれないけれど、好きなお酒を止めてまでアトピーを完治させようとも思っていませんし、

ストレスがアトピーを悪化させる、とかもどうでもいい事のようです。

 

そもそも、アトピーとそんなに向き合っていません。

だから、彼の人生はアトピーには全然左右されていないなと思います。

アトピーの調子が良くても悪くても、それが自分の人生には何も影響しない。

 

ひとつ、こんなエピソードが。

 

夫は本屋さんで立ち読みをしていると、急に中年男性が寄ってきて、

「すみません、失礼ですがアトピーありますよね?」と言われたそうです。

知らない人に急にそんなこと言うなんて、本当に失礼だと思いますが、

どうも気功の教室かなにかに勧誘したかったようで……

しかし、夫は「は?違いますけど」と即答したそうです。

あちらとしては、「アトピーじゃない」の一点張りの相手に、なすすべもなく、ほとんど何も言えなかったみたいです。

 

私はその話を夫に聞いた時は

「す、すごい……!」と思いました。反射的に「違う」と言えるそのスタンスが。

 

私なら急に「アトピーですか?」と聞かれたら、

とりあえず「え、はい……」と答えると思います。もう、これは反射運動です。

「アトピーですか?」という質問に「はい」と答えることは、

「あなたは女性ですか??」と聞かれて「はい」と答えることと同じくらい、私にとっては自然なことだからです。

良くなった今でもそれは変わりません。

 

夫がいかに、アトピーを気にしていないかがわかります。

それは私には絶対にできないことなので、本当に尊敬します。

 

人生は一度きり。好きなものを食べたり飲んだり。それも人生の楽しみのひとつです。

それを棒に振ってしまうこともないのだろうなと思います。

 

でも私の場合は、自分のアトピーが、食べ物に左右されるとわかってしまったので。

そして、アトピーが出ていないことが自分の幸せにつながるというタイプなので、

「全力でアトピーに向き合う」という形になってしまいました。

 

 

mumukolife.com