アトピーに戻らない暮らし

食事を改善して長年のアトピーが良くなり、今は「アトピーに戻らないような暮らし」を心がけています。

アトピー改善のカギは腸!腸の機嫌をうかがう毎日です

アトピーにはやっぱり腸内環境正常化!

 

もう最近では、「腸内環境を良くしましょう!」とどこでも言われています。

不思議とこんなに言われているのに、皮膚科で言われたことはないですけどね。

言ってよ!って思います。本当に。

 

私のアトピーの改善のカギはやはり腸内環境を良くすることでした。

やはり、肌の不調は腸内環境の悪化とつながっています。ある人は便秘気味だったり、ある人は下痢気味だったり……。

私はというと、出ない方の腸内環境でした。うさぎのうんちみたいな(すみません)……。

もう昔から気づけばそんな感じで、出ないのもそこまで気にしたこともありませんでしたが、私のアトピーの調子は完全に腸内環境と比例しています。

ちなみに、私の夫もアトピーですが、彼は完全に下痢です。食事をすると少しするとトイレに駆け込む!緊急事態!みたいなことが日常です。

 

「小麦粉と良くない油」が私にとっては良くなかった!と書きましたが、結局はその食べ物が私の腸を荒らしていたということだと思います。

腸内環境って不思議で、昨日まで調子よかったのに、本当に急に悪くなるんです。

例えば旅行に行って、環境が変わってトイレに行ける時間とか、ほんの少しの変化でも急に出なくなったり、びっくりするくらいのナイーブさだなぁと思っています。

もう「腸は私とは別の生き物」だという認識で、とにかく機嫌をうかがいながら暮らす毎日です。

とにかく良いうんちを出す。ということだけです。

固くて真っ黒、とかじゃダメです。

しかし、腸のナイーブさといったら「明日出るかな?便秘になっちゃうんじゃないかな?」って思っただけで、ダメ!!っていうくらいのナイーブさです。

自分もまぁまぁナイーブだとは思いますが、私の腸はその上をいっています。

ここをいかに良い状態に保っていくかというのが重要になってくると思います。

 

もともと、良い菌をおなかにたくさん飼っていて、という人は何を食べても、きちんと消化して、ずーっと元気に暮らせるのだと思います。

昔、会社の後輩が「私、健康なんですよねー。めっちゃ快便だし。毎朝スルンと出ますー。」

と聞きもしないのに教えてくれたことがありましたが。

今思えばピカピカの肌をして、目がキラキラしたかわいい子でした。

ほんと、うらやましい。

 

機嫌のよい腸を保つには??

 

私の腸に良くないなぁと感じているのは、まずは小麦粉、そして大量の油や肉もダメみたいです。油ものを食べた翌日はかなりの確率で出ません。揚げ物とかだけではなく、

意外と鍋ものとかでそのまま置いておくと翌日にすーっと上に油の白い分厚い膜ができるようなものもハイリスクです。肉は基本的には気にせずに食べていますが、調子が悪くなりそうな時や油が多い肉やホルモンなどは注意しています。

まずは自分に合わない食べ物を見つけることが大事で、それらを除去しながら、

今度は腸が喜ぶものを足してあげます。

今私が日常的にとっているのは、

 

  1. プロバイオティクス(乳酸菌)
  2. 食物繊維
  3. オリゴ糖

です。

プロバイオティクス 

まずプロバイオティクス(乳酸菌)はサプリメントでとっています。

ヨーグルトで取る方法もありますが、乳製品をずっと取り続けるのもなんだかなぁ。という感じですし、そもそも私にはこれ!という合うものは見つかりませんでした。

私はもう何年もビオスリーを飲んでいます。ビオスリーは薬局でも買えますし、値段も手頃な方だと思います。最近はCMでも見かけます。

これは私には合っているみたいです。

自分で良い菌を持っていないなら足してあげるしかありません。

乳酸菌は自分に合うものを見つけることが大切なので色々と試してみます。

自分に合うものを見つけるとサラッと書きましたが、これが結構大変です。しばらく飲んでも全然良いうんちが出ない。もしくは便秘になる、下痢になるようだったら、他の物を試してみた方が良いです。

「ずっと飲んでいると慣れてしまう説」もあるのでたまに変えてみるのも良いかもしれませんが、私は調子が良いので、これを続けています。

最近では飲み忘れる日もあります。夫はビオスリーを飲むと便秘になるらしく、嫌がります。

いや、便秘って言いますけど、彼は食べた後すぐ、下痢で出てしまうタイプ(それはもう本当にすぐ!せっかく食べたのに!って感じです)なので、出ないのが不安になるらしいです。出なくなったのなら、そりゃ効いてるってことじゃないの?

と言いますが……。

「だって、出なくなる!」と言ってあまり飲みたがりませんね。

夫は食べ物は私の管理下(知らないうちに毒を盛られるかのように、知らないうちにアトピーに良い食事に替えられています)にあるので、

ものすごくアトピーがひどくなるということはありませんが、合う乳酸菌は見つかっていないというのが現状です。あとはやはり定期的に飲む必要があるので、本人の意欲が無いとなかなかという感じです。

 乳酸菌のサプリメントを選ぶ時は原材料も気にしています。けっこうたくさんの添加物が入っているものもあります。

 

食物繊維 

次に腸に大切なのは食物繊維です。

食物繊維が含まれる食べ物は食事で意識的に取るようにはしていますが、私はそれにプラスしてイージーファイバーも飲んでいます。

私は朝一番、朝食を食べる前に飲んでいます。

もうなんだかおまじないのようになっていて、これを朝イチでとりあえず飲んでおけば

これから食べるものも、食物繊維が包んでくれるようなイメージになっています。

あと、ちょっとジャンクなものを食べてしまった後なんかにも免罪符として飲むことがあります。

とりあえず腸のために欠かさずに飲んでいるのは乳酸菌と食物繊維です。

 

オリゴ糖

オリゴ糖は料理に使います。

オリゴ糖は腸内で善玉菌の餌になって腸内細菌のバランスを保ってくれると言われています。でも、日常的にとっているわけではなく、料理に使う砂糖の替わりですね。あとは紅茶に入れて飲んだり。

腸に良いとはいっても糖分ですし、積極的に取っているわけではないです。

 

今までサプリメントなど色々試して、何年か飲み続けたものも色々ありましたが、良くなった今でも日常的に飲んでいるのはこの乳酸菌と食物繊維だけです。

 

抗生物質には気を付ける

腸内の環境のことを考えると抗生物質なんかの飲み薬はなるべく飲まない方が良さそうです。腸内の良い菌まで死んでしまいます。

せっかく、ここまで過保護に育てたのに!!もうグレるのは一瞬!本当に恐ろしいです。

風邪とかひいて病院で抗生物質を出されると「嫌だなぁ。飲みたくないなぁ。」と思います。

たまにビオフェルミンを一緒に出されたりしますが、このくらいじゃ腸の機嫌は戻らないんだよなぁ……と。

抗生物質を飲むのはどうしても!の時だけにしています。

 

強い内臓へのあこがれ

娘がたまに見ているのが大食いの動画!私もついついくぎ付けになってしまいます。

大量のケーキとかドーナツを山盛り食べる動画。この人達こんなに食べても肌がピカピカ!どんだけ良い腸内細菌を飼ってるんだ!って思います。

夫は大食い動画を見る私たちに、「何のためにこんなに食べる必要があるわけ?いったい何のために?そんでこれを見る意味は?」と言いますけど、私としては、くぎ付けになってしまうのは、強い内臓へのあこがれです(笑)

私があれやると体がぼろぼろになりますからね。そもそも胃も弱いのでそんなに食べられないですし。

生まれ持った内臓の強さっていうのは本当にうらやましいです。なんでも消化できる能力が欲しい。良い腸内細菌が欲しい。同じもの食べてもアトピーになるかならないか、病気になるかならないか、は結局そこなんだろうなぁと思います。

 

でも、弱い私でも食べるものに気を付けて、乳酸菌とって、食物繊維とって…を地道に続けていれば人並みのうんちが出せるようになって、アトピーもきれいになりましたから。

今日もたんたんと腸の機嫌をうかがっています。

 

 

ビオスリーH 36包【指定医薬部外品】

ビオスリーH 36包【指定医薬部外品】

  • 発売日: 2019/04/01
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

 

 

 

 

 

 ※当サイトに紹介されているサプリメントや食品はあくまで、ムム子に合うものです。ご使用の際はご自身の体調と相談してください。